趣味は鉄道模型集め

子供の頃から、電車などの乗り物が好きな人は少なからず、電車のおもちゃを持っていることでしょう。レールの上を走らせるタイプで、子供でも片手で持てるような電車のおもちゃは、かなり一般的で特に男の子ならば、一度は親におねだりをして買ってもらった覚えがあるでしょう。

この電車のおもちゃからスタートした電車好きの子供が、少しずつ成長するなかで、もっと状態のよい電車のおもちゃが欲しいと思い始めます。おもちゃ売り場に行っても徐々に電車の大きさが小さくなって、車両も一両ずつの、見た目も本物と同じような作りの電車が気になるようになります。またその電車に付随している駅舎や街並み、そして大切な線路などのパーツにも目が行くようになってくると、今度は自分でお金を貯めて、欲しい電車のおもちゃを買うようになります。

こうなると電車のおもちゃという枠組みからは外れて、鉄道模型という類に入り本格的な趣味へと突入することとおもいます。おもちゃと比べると大きさも小さくなりますが、ズッシリと重量があるものも多く、見た目が本物にそっくりです。子供の頃から集めだす方が非常に多いので、大人になる頃にはかなりの量の鉄道模型を持っていることになります。

値段も高く、思い入れもあり捨てるには勿体ない鉄道模型ですが、引越しをしたり、部屋の片づけをしなければならない状況ですと、どうしても手放さなければいけいことも起こるでしょう。そのような時には、ゴミ出しするのではなくて、買取業者に引き取ってもらうことを考えてみるといいでしょう。